今のところ、日本では先天性奇形の発生率が出生数全体

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が出生数全体の約4%とされています。奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、ある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が葉酸だということが知られるようになってきました。


赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても問題ないと思ってください。


妊娠しやすい体づくりのために、必須なことと言えば、良質な睡眠でしょう。


人間というものは寝不足の状態が続くと、活性酸素が産生され、そのことが影響し、生殖にかかわる細胞が酸化され、劣化が進みます。年齢が上がっていくと同時に衰えていく性機能を少しでもキープするため、妊活の最中は睡眠をたくさんとるよう心掛けてください。



栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということが広く知られるようになりました。お腹の中で赤ちゃんが発育するために必要なのは当然のこと、お母さんが健康に過ごし、無事出産できるようにするためにも葉酸がたくさん必要になることが知られてきました。それでは、いつ必要になるのかと知りたい方もいると思います。赤ちゃんが葉酸を一番必要とするのは妊娠直後です。
その一方で、授乳中も多くの葉酸を必要とするので、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。
とりわけ妊娠初期に強化したいと言われるのが、葉酸というビタミンです。葉酸を食材から摂ろうとすると、名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。

加工食品の中では、納豆に多く含まれます。葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、毎日の献立の中に入れていき、継続して食べ続けるのが最もよいといわれます。また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、間食にはちょうど良いと言えます。
皆さんお分かりのこととは思いますが、健康でいるということが妊活の絶対条件です。健康の維持には何が大事かというと、栄養に気を付け、適切な運動をするよう努めるということです。適正体重をキープすることも意図していますが、体内の血液循環を良くして、栄養分が素早く運ばれるようにすることも目的の一つです。
例えば、少し散歩をするぐらいでいいと思います。葉酸の効果が知られれば知られるほど、できる限りたくさん摂取しようと大量摂取に走る方もひょっとしたら身近にいませんか。



いくら葉酸は水溶性で尿中に排出されると言っても、上限を超えて大量に摂ると様々な副作用を起こします。症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。呼吸障害が起きる重症例もあります。
葉酸は1日あたり1000μgが摂取の上限なので、それ以上摂らないように加減しましょう。



女性にとって、妊娠中に必要な葉酸の摂取量は妊娠する前に比べて増えます。妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ母体にも胎児にも良いとされます。
しかし、どんなに重要な栄養素であっても、葉酸の摂りすぎには十分注意してください。



葉酸を過剰に摂ることで熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を引き起こした例も報告されており、毎日たくさん摂るのも考えものです。妊娠しやすい体づくりのための生活をする妊活ですが、意識していただきたいのが、歪んだ骨盤を整える事です。
インターネットや関連書籍では、妊活中の体に負担のない簡易なストレッチ方法などを紹介する動画がたくさん見られるようになってきました。
体の器官の中でも、妊娠に関する大切なものは骨盤内にあるのです。

歪んだ骨盤を整えて血行を促進してあげれば妊娠に適した体になるという訳ですから、妊活中の骨盤矯正の重要性が分かると思います。妊娠を考えていて煙草を吸っている方は、今すぐに止めてください。
よく言われているように、喫煙によって人体に連鎖的な悪影響が及んで健全な妊娠に差し障る場合があります。当然のことですが、これは女性だけではなく男性にも当てはまるのです。


煙草による障害の発症として、女性の場合は排卵障害ですとか、男性は精巣機能低下が報告されています。


妊活中の場合は女性だけでなく男性も喫煙を中止するようにしてください。


妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。当初は妻だけの問題だと思っていたのですが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」という意見でした。

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと自分も葉酸のサプリメントを飲み始めました。飲んでしばらくしてから、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。